経営上手で失敗知らず|カフェやバルの開業や下積みはスクールで学ぶ

厨房

寿司の技術習得

寿司

居酒屋も、惣菜でも食べられ、回転寿司や寿司屋が多くある日本。日本の和食代表である寿司は海外でも人気の高い食べ物になりました。Sushiという名前もそのままに受け入れられて多くの場所で食べられるようになっています。こうした寿司需要から、寿司職人を目指す人が増えています。寿司は古くは「飯炊き3年、握り8年」と言われており、スクールなどはなく寿司屋に修行に入るのが寿司職人になる方法でした。通算11年かけて習得するとなると、長期計画です。そうこうしている間に寿司職人の需要の方が勝ってしまうことでしょう。しかし、現在では4週間から1年程度で技術を習得することができる寿司職人育成施設やスクールがあります。このスクールで学ぶことによって、11年かかる修行で覚える技術を短期間で習得します。今現在では、寿司職人になるには懇切丁寧にしっかりと教えてくれるスクールや養成所に通って職人になることができます。多くの人は海外へのワーキングホリデーなどに対応する技術として取得する人も多いようです。スクールではシャリの握り方、速度、ネタの捌き方、卵焼きや野菜の切り方、素材の見方など寿司職人となるために必要な多くのことを学ぶことができます。11年かかる内容を凝縮しているので、一気に習得するための努力や技術向上はどちらにせよ必要ですが、それでも通う学生が卒業までには立派な寿司職人になれるほどの技術を習得しています。寿司職人を目指すのなら、今の時代は学ぶ環境がしっかり整っています。利用して最短で職人になりましょう。